数字のクランチ

ステップ2:確率を評価する

イベントが発生する可能性はどのくらいですか? それはほぼ確実ですか、ブルームーンのチャンスに一度ですか、それとも真ん中のどこかですか? 0%(まったくチャンスがない)から100%(絶対的な確実性)までのスケールのパーセンテージとして確率に数値を割り当てます。 この時点で推測することは問題ありませんが、推測する場合は、確率が高くなる側で誤りを犯します。 後でいつでも数値を調整できますが、最良のシナリオの快適さが気に入っているため、何かが発生する可能性を最小限に抑えるのは簡単です。

 

確率のスケール